MENU

#policy

旭珈琲のこだわり

小さいからこそできるサービス <1>焙煎したてのコーヒーをお届けできます!

「小さいからこそできる」をモットーに、当社は今日焙煎した珈琲を翌日お得意様に配送・発送し、直営店(アサヒコーヒーギャラリー)にて販売。
いかに良品質の珈琲豆を丁寧に焙煎しても鮮度が古ければ、せっかくの珈琲の芳醇な香り・芳ばしさが失われていきます。
大手では難しいことも、小さいからこそ小回りが効くため、最短でのご提供が可能となっております。

豆の持ち味を最大限に引き出す <2>良品質の豆を芯からゆっくりと膨らませ豆の持ち味を引き出します!

現在1989年設置の遠赤外線30kg釜と1973年設置の20kg釜の2機を使用。20kg釜はドラムに鉄板を巻き、バーナの炎がドラムに接する高さを考え500gでもサンプル焙煎のできるFUJI ROYALの逸品です。
この20kg釜は、お風呂に例えると家庭用ではなく銭湯のようなもので、身体の芯まで温もり帰り道に雪が降っていても体がポカポカしているように、良品質の豆を芯からゆっくりと膨らまし各良品質の豆の持味を引き出します。大手が使用するような100kg以上の焙煎機は火力が強く短時間で焙煎するため、ちょうどサウナ風呂のようなものだと思います。
各生産国のコマーシャルコーヒーと呼ばれるコーヒー豆は強い火力で焙煎するため、豆のクセ等がある程度取り除かれ、豆が均一に焙煎されません。スーパー等量販店にて販売され、焙煎後日にちが経過してしまいます。
良品質の豆は火力が強いため、珈琲豆が一気に膨らみ、せっかくの良品質の豆の味が100%生かされないようです。電子レンジでおもちを焼くと、見た目は綺麗ですが中がカスカスに成っている経験をされたことがないでしょうか?この様なコーヒーの味の特徴は、飲み口は大変良いのですが半分ぐらいから嫌な酸味が感じられ大変後味が悪いです。
「良品質のコーヒーの酸味は上品で後味が良い」と言いますが、これは業務店様がサンプルのコーヒーのカップテストで1口か2口しか飲まずに間違った判断をされている場合があります。

コーヒーの良さは後味の良さで決まる <3>後味の良さが違います!

コーヒーの良さは後味の良さで決まります。これは、コーヒーを半分ぐらい飲んでから違いが分かります。
当社のコーヒーは、各良品質の豆の味を最大限に引き出すために、アイスコーヒー・エスプレッソコーヒー以外はハイロースト前後の焙煎度でブレンド、及び挽目によりアメリカンコーヒーからフレンチコーヒーの味を味わっていただけます。
焙煎によって、コーヒーの命ともいえる風味と香りが生まれ、焙煎職人は豆の状態や気候条件などから焙煎機の温度を決め焙煎していきます。外側も内側も均一になるように煎るのが職人の技です。
旭珈琲では、焙煎歴40年の極めて技術力の高い焙煎師が焙煎しております。
さらに、豆の良さを最大限に引き出すため、大手業者とは異なり小ロットでの焙煎にこだわっております。
大手焙煎業者がまねできない、煎り立てならではのコーヒーの香り・芳ばしさ・甘味を是非味わってください。本当に良品質の豆を丁寧に焙煎し鮮度を守っていますので、芳醇な香り・甘味・後味の良さが違います。

#enjyo

焙煎工場について

<1>遠赤外線30kg釜と20kg釜の2機を使用

<2>旭珈琲 焙煎工場の様子

<3>こだわりの良品質の豆を使用しています

当店のコーヒー豆がネットからでもご購入いただけます

お電話でのお問い合わせ

0120-231-471

© 2019 株式会社 旭珈琲